オランダ留学のブログ

オランダに住みたい大学院生のブログ

オランダに関する記事だけでなく、旅・英語学習・ミニマリズムなどについても書いてます。

#108 留学を経てミニマリストになって気づいたこと

Dag!

最近何かと話題のミニマリスト。私も、オランダ留学を経てミニマリストになりました。今回は、ミニマリストになった経緯と、実際にミニマルに生きる上で気づいたことをまとめたいと思います。

なぜミニマリストになったのか

以前はミニマリズムとは対極の生活

ミニマリストによくありがちというか、これしかない気もしますが、今ミニマリストの私も以前はミニマリズムとは真逆の生活を送っていました。小中時代なんかは、でかい筆箱にたくさんの筆記用具を入れたり、バッグにジャラジャラとキーホルダーを付けたり。高校時代も、謎に中途半端な腕時計を買っては飽き、また買いを繰り返したり、同じような服や靴をいくつも買ったり。

自分の部屋もなかなかカオスな状態でした。ほぼ使わないもの、いらないもので溢れかえり、かなり圧迫した部屋でした。特に、なかなかモノを捨てられない性格だったので、学校でもらってきたプリントや教材を全てためていました。日に日にモノが増えるわけです。

留学が転機に

そんな生活に転機が訪れたのが、「留学」です。留学が決まり、渡航まで指折り数えている頃、「さて何を留学先に持っていこうか」という疑問が生まれたのです。1年間、留学先で生活するわけなので、それなりの荷物が必要になります。ですが、大量の荷物を持っていくとなると追加料金がかかったり、郵送したりしなくてはなりません。そこで初めて、ミニマリズムの思想を取り入れてみようと思ったのです。本当に必要なモノは何なのか、何を家に置いて、何を持っていくべきか。まさにモノの取捨選択をしようと思ったのです。というよりも、取捨選択をしなくてはならなかったのです。

留学に向け大大大掃除

というわけで、留学に向け大掃除をしました。いらないものはどんどん捨て、学校でもらってきた書類や教材も取捨選択をし、大学の教材はスキャンをし、服はスタイルを確立してなるべく減らし、なるべく長く使えるように良いものを買いました。

「取捨選択をすること、気に入ったものを使うこと、上質なモノを末永く使うこと」を、この大掃除を通じて学びました。

留学中にさらにミニマリスト

そして、留学がスタートしました。このオランダでの留学がさらにミニマリズムに拍車をかけました。まず、オランダ人の気質が少しミニマリストに似ているのです。無駄遣いをあまりしない、気に入ったモノを長く使う、手ぶらで出かける、などなど。そういった気質に少しばかり影響されました。

また、留学中はできる限り経験にお金を使いたいという気持ちがあったので、できる限りモノ消費でのお金の消費を避けていました。それによってモノよりも経験を大事にしようというマインドが育ちました。

帰国後の今でもそういったマインドは大事にしています。

ミニマリストになって気づいたこと

ミニマリストになって気づいたことは山ほどありますが、今回はその中でも特に自分の人生に影響を与えたなと思うことを抜粋します。

モノよりも経験

今まではモノを買って消費することで快感を得ることが多かったのですが、(それはそれで良いとしても)その快感はあくまで一過性であることが多いです。もちろん本当に欲しい物を買って毎日それを眺めて快感を得るとかなら良いですが、買って消費して終わりといった場合は、あまり良くないと思います。

そういったモノ消費から、経験にお金を使うようなマインドが育ったことは自分なりに人生を変えたと思います。経験の良いところは、思い出しさえすれば、いつでもそのときの楽しさや充実感を味わえることです。例えば、友達と行った旅行なんかは写真を見たり友達と思い出を語り合ったり、いつ思い出してもいい気分になれます。

加えて、経験することで話のネタになったり、出会いがあったり、今まで興味のなかった分野に興味が持てたり、良いことずくしです。特に経験の内、旅行はおすすめです!多くの場合、経験に払ったお金以上にリターンが得られます。そういうお金の使い方ができると人生が充実します!!

時間が増える

間違いなく時間が増えます。なぜかというと、選択の時間が減るからです。以前の私は毎朝服を選ぶのにかなりの時間をかけていました。時計や靴もいくつかあったので、相当な選択の時間を消費していました。もちろん、ファッションが好きで選ぶのが楽しいなら全然いいですが、私は別にファッションに特段興味があるわけではないのに無駄に選択していました。

皆さんの中にもそういう人はいるのではないでしょうか。さらに、その大量の服の中には長年着ていない服がいっぱいあったり、実はあまり気に入っていない服があったり。

しかし、ミニマリストは毎日着る服がほぼ決まっていて、選択に時間がかかりません。私はもう服のパターンを確立したので、毎日ほぼ同じ服(スタイル)です。色が違うくらいです。靴も同じ靴を2つ買い、それを交互に履いています。すると、面白いくらいに選択の時間の憂鬱から開放されて時間が増えました。

「愛着のあるものを末永く使う」これが私の大切にしている価値観です。

モノに愛着が湧く

「愛着のあるものを末永く使う」モノを取捨選択すると、自然と愛着のあるモノに囲まれることになります。自分の本当に好きなモノだけ残すからです。私は所有物のほとんどに愛着を持っていますし、そのほとんどはどこでどういう経緯で買ったかを語れます。それくらい愛着を持ってモノに接することができると、なんだか人生が充実します。(適当)

環境に優しい

環境にも配慮できます。モノをあまり買わない、消費しない=環境に優しい。ぜひ、ミニマリストになって環境に優しい生活を送ってみましょう!

思考が研ぎ澄まされる

愛着を持ったモノのみを所有し、選択を減らすことで、思考が研ぎ澄まされます。余計な雑念にとらわれなくなるからです。「今日は何着ようかな」、「あれどこやったかな」、「部屋が汚いなあ」といった感情は少なからず思考を邪魔します。有名な話がいくつかありますが、オバマ前大統領やスティーブ・ジョブズなんかのエピソードは有名です。

 

ミニマリスト関連の記事はこれからもう少し書いていきます!それくらい私の人生に影響をもたらしたものです笑

Dag!

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ