オランダ留学のブログ

オランダに住みたい大学院生のブログ

オランダに関する記事だけでなく、旅・英語学習・ミニマリズムなどについても書いてます。

#106 COVID-19の影響で海外旅行をキャンセルして感じたこと

Dag!

ニュースを見るとCOVID-19流行の話ばかりで、日に日に先が怪しくなってきています。さて、2月3月は大学生にとっては春休みであり、旅行、とりわけ海外旅行に行く方も多いかと思います。私もその一人でしたが、さすがに日本国内でも流行してきており、やむなくキャンセルをしました。返金不可の航空券代8万円が消えたわけですが、今回のこの出来事で改めて気づいたことがあったので共有します。

LCCは返金不可!

当たり前ですが、LCCは安い反面様々な制約があります。航空券の変更やキャンセルが効かないのもその一つです。ですので、今回のような先が見えない状況のときはなるべく返金ができる航空券を買うのをおすすめします。(自戒をこめて)ホテルに関しても同じです。ただ、私がよく使うブッキング・ドットコムは、多くの宿泊施設がキャンセル無料なので、今回は被害を最小に抑える事ができました。

www.booking.com

 

泣く泣くキャンセル

今回の旅程は3月中旬から2週間かけて東南アジア4カ国を周遊する予定でした。3月中旬ならもうさすがに収まってるだろうというのと、東南アジアは暑いしウイルス生きられないっしょ、という軽すぎる理由(※根拠もありません)で東南アジア旅行を計画したのですが、事態は悪化する一方で、ついには国内でも流行してきています。
そもそも海外でウイルス感染者がでたのは、発生地からの旅行者などが主な原因でした。今度は、日本から海外に行ったことで海外でウイルスを広めてしまうのは絶対防ぎたかったので、海外で広めてしまう原因になりかねない海外旅行をキャンセルすることにしました。感染力がかなり高そうなので自分も知らぬ間にかかっている可能性は意外に高そうです。

旅行できることに感謝

今回の出来事で私が改めて思い知らされたのは、このことです。

「旅行ができるのは、様々なコンディションが良好なときのみ!旅行できることに感謝!」

コンディションというのは、旅行に行けるだけの時間とお金があるのはもちろん、旅行当日の全員の体調を始め、家族に不幸がないこと、災害が起きていないこと、そして旅行先の治安、公衆衛生が悪くないことを指します。海外旅行となると、よりハードルが高いでしょう。そういったあらゆるコンディションをすべてクリアして初めて旅行を楽しむことができるのです。ですので、旅行に行ける場合は、そのことを噛み締め、感謝しないとなあと思います。

 

ということで、旅行キャンセルの悲しみを紛らわせるために本記事を書きました。また落ち着いたらゆっくりと東南アジアに訪れたいと思います。

Dag!

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ