オランダ留学のブログ

オランダ留学をしたい人、オランダに住みたい人、オランダが好きな人、なんとなくオランダを知りたい人に向けて書いています。

#98 英語を話せるようになるための習慣

Dag!

英語を話せるようになりたい人は多くいると思います。私もその一人で、今も継続して英語学習をしています。今回は、私なりの「英語を話せるようになるための日々のちょっとした習慣」を共有したいと思います。やはり、英語学習というとなかなか時間がなくて続かなかったり、飽きてしまったりすることが多いと思います。ですが、日々の習慣として少しずつ取り組むことで、長続きさせることが可能です。ぜひ、今までなかなか腰を据えて英語学習に取り組めていなかった人も、実践してみていただければと思います。

尚、ここで紹介するのはある程度英語の基礎力がある人が、英語でコミュニケーションを取れるようになることを目標にしています。また、効果の程度は人それぞれだと思います。

 

やはり毎日触れること

英語は言語であり、やっぱり毎日触れていかないと衰えていくように感じています。1分でもいいので英文に触れる、英語を聞く、英語で独り言を言う。必ず毎日何かしらの形で英語に触れるのが一番大切なことだと思います。では、どうやって毎日欠かさず楽しく英語に触れれば良いのでしょうか。私が実践していることを紹介します。

まずは、スマホの言語設定を英語に!

スマホの言語設定は日本語でしょうか?もしそうならまずはそこから変えてみましょう。スマホ本体の設定を英語にするだけではなく、LINEやTwitter等のアプリ類も全て英語にしましょう。そこまで徹底します。全て設定が終われば、英語に囲まれたスマホ生活が送れます。今まで日本語で見ていた表現を、英語でこうやって言うのかというのがたくさん学べます。例えば、LINEの「既読」は英語で「Read」と表記されます。

YouTubeを英語で見る

これが一番効果があると思っています。私は、別に自慢すべきことでもないですが、毎日欠かさずYouTubeを見ています。もちろんダラダラと日本語で娯楽目的でも見ますが、一応の目的は英語学習です。英語を話すYouTuberをたくさん登録して、なるべく多くのアクセント、多様な話題に触れるようにしています。この習慣の良いところは、なによりも気楽に楽しんで英語のリスニングができることです。さらに、カジュアルな英語なので、比較的聞きやすいです。また、YouTubeの機能で自動字幕があるのでそれも便利です。おすすめのチャンネルなどはこちらの記事で紹介しています。

netherlandstudyabroad.hatenablog.com

Netflixを楽しむ

YouTubeと似ていますが、Netflixも超おすすめです。一番のメリットは、字幕機能が充実していることです。日本語に加えて英語字幕もつけられます。そして、映画やドラマ自体、内容も面白いです。ただ、月額料金がかかってしまうのが難点です。

洋楽を聞く

これも楽しく英語に触れることができます。洋楽は比較的簡単な英語が使われていること、リズム感が養えることなどが利点として挙げられます。今個人的にハマっているアーティストは、Ed Sheeran, Lauv, Anne-Marie, Loote, Clean Bandit, The Chainsmokersあたりです。ぜひ聞いてみてください!

英語が話せる外国人の友達と話す

実際に英語を使って人と話すのが一番効果があります。英語が話せる外国人の友だちと話したり、またはチャットをしたりと、とにかく人間と英語で会話をするのが重要です。なんだかんだこれが一番効果的に効率的に英会話力を伸ばせます。ですが、日本にいる限り毎日できるわけではないのが欠点です。

f:id:netherlandstudyabroad:20191015220557j:plain

飛行機に乗って、一人思い耽る時間が一番好きです。

英語を使う外国人アーティストをフォローする

Twitter、インスタ等のSNSで、英語を使う外国人のタレントやアーティストをフォローしてみるのもいいかもしれません。もちろん彼らは英語で投稿をするので、それらを見ることで勉強になります。

英語でツイート、インスタ投稿

英語を使う外国人をフォローすることで、彼らからSNSでの実際の英語の使い方を学べます。そして、それらを真似て自分でも英語でSNSに投稿してみるのもいいかもしれません。(ただ、いきなりやるとフォロワーが減る可能性があります)

大学でできること(大学生限定)

最後に、大学生限定になってしまいますが、大学でできることをまとめて終わりにしたいと思います。大学は英語を伸ばす環境がとても整っています。それらをいかに使い切るかです。学費をどんどん回収する勢いで使い倒しましょう!

  • 英語の授業を本気で受ける
    英語の必修の授業があれば、それを本気で受けましょう。恥ずかしがらずに自分からどんどん話に行ったり、積極的に新しいボキャブラリーを得たりして、授業を最大限に活かすと良いと思います。
  • 英語提供の授業を取る
    加えて、英語で提供される授業、できればネイティブの先生の授業を取るといいです。私は、カルチャー系の授業を取ったことがありますが、半分以上が留学生で、プチ留学体験ができました。ついていくのはかなりキツかったですが、あそこで留学の体験ができたのは大きかったです。シラバスを隅々まで読むと、英語提供の面白い授業が見つかるはずです。
  • 英語の教員を使う
    英語の先生のオフィスアワーを使って、英会話の練習をするのがおすすめです。もし、英会話教室でやったら数千円はします。それが無料でできるのは大学生の特権です。ぜひ、使いまくりましょう。
  • 学内にいる留学生に話しかける
    大学には、たくさんの留学生がいます。だいたい留学生は留学生同士で固まっていることが多いですが、そういう留学生集団に声をかけにいきましょう。きっと日本人と交流できることを望んでいるはずですので、すぐ仲良く慣れます。あとは、留学生に部活やサークルを紹介してあげるのもいいかと思います。
  • 海外研修や留学
    大学が主催する海外研修や短期留学など、ほとんど出費がゼロで海外に行くことのできるイベントが意外に多くあるので、そういうイベントに応募してみるのも手です。
  • 留学生に日本語を教える
    留学生に日本語を教えることで自分の英語力を上げる事もできます。さらに、留学生は日本語能力が上がるので、お互いウィンウィンです。大学の制度として報酬がもらえるような場合もあるかと思います。実際私もそれでお金をもらっていました。さらに、それに加えてボランティアで教えてもいます。ボランティアでずっと教えてきた留学生は、当初はN5レベルだったのですが、約2年間を経て今、N2の試験対策を一緒に勉強しています。この成長ぶりには驚かされましたし、自分も頑張らなくてはと思います。

 

以上、英語を話せるようになるための習慣をまとめてみました。習慣化して何も考えなくても英語に触れているような環境が構築できたら、もう英語は自分のものになり始めています。それを続けていけばきっと英語を自分の目標とするレベルに持っていけるようになると思います。

Dag!