オランダ留学のブログ

オランダ留学をしたい人、オランダに住みたい人、オランダが好きな人、なんとなくオランダを知りたい人に向けて書いています。

#89 なぜインスタ嫌いだった私がInstagramをやっているのか。

Dag!

連日の暑さから何に対してもやる気が起きずに家で引きこもっています。
今回は、インスタに抵抗感のあった私が最終的にInstagramを使うようになった経緯についてと、SNSをどう留学で活用していくかについて簡単にまとめたいと思います。

 

インスタ?!?!

私は、昔から流行やみんながやっているということに対して抵抗感を持っていました。流行りのものなどは極力避けてきました。当然インスタも流行りのものなので毛嫌いしていました。大学生に入り、ダウンロードして使ってみようとはしたものの、24時間で消えてしまう写真だったり写真だけをアップロードするスタイルにどうも馴染めずに、結局全く使わずに大学生活を過ごしていました。しかし、ある時、一眼レフで撮った写真をどこかで共有したいと思い、Instagramを本格的に使ってみることにしたのです。それが留学に行くちょっと前のことです。それからというもの、一眼で撮った写真をアップしていました。

 

みんなインスタやってるじゃん...

留学が始まりました。そこで驚いたことは、ほぼみんながインスタのアカウントを持っていて、かなりアクティブにインスタを使っているということです。「インスタやってる?」とかはよく言われましたし、Facebookを通して友達申請もよく来ました。更に驚いたことに、本来は写真をアップロードするのがメインのInstagramを、メッセージを送るツールとして使う人も一定数いました。

 

他のSNS

ヨーロッパでは、LINEはほぼ誰も使っていません。したがって、留学生と仲良くなって連絡先を交換するときに他のSNSを持っている必要があります。だいたい、FacebookかWhatsApp、Snapchatを持っておけば大丈夫です。WhatsAppに関しては、先生を含めたクラスのグループチャットや先生とのやり取りにもよく使いました。最低でもWhatsAppはダウンロード必須です。

 

Instagramって結局何がいいの?

ということで、メッセンジャーアプリとしてはWhatsAppやFacebookを使います。では、Instagramはどう使うのでしょうか。私の場合は、Twitter的に日々の出来事や旅行の様子を共有するのに使っていました。特にストーリー機能が思ったよりも便利です。24時間で消えてしまうので、ちょっとしたことでも気軽にアップできます。これの何が良いかと言うと、ストーリーを通して個人にメッセージを送れることです。この機能のおかげで、例えばどこかで食事をしたときの様子をストーリーに上げると、友人から、「これどこ?今度行こう!」とかメッセージが来るわけです。それ以外にも、「昨日パリ行ったの?どうだった?」といった感じで、ストーリーを見てくれたクラスメイトが翌日に話しかけてくれたりもします。あとは、たまに友人がバイト先の余った料理を無料であげるといった感じのストーリーを上げていることもありました。タダ飯までゲットできてしまうのです。

他には、各国の友人の様子を、Instagram上で見れるということもメリットとして挙げられます。人によりますが、異国の地の様子を頻繁にあげてくれる人もいるので、その国の様子を知ることができます。

 

 

留学前は、好き嫌いが激しい性格だったと思います。思い込みでこれは嫌い、とか思い込みでこの人とは合わなさそうとか決めつけて人生の幅を狭めていました。しかし、留学を通していろいろなジャンルの色々なことにチャレンジする精神が身につきました。Instagramもその一つです。Instagramを毛嫌いしている人もとりあえずダウンロードしておくと、留学先でいつか役に立つかもしれません。

Dag!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ