オランダ留学のブログ

オランダ留学をしたい人、オランダに住みたい人、オランダが好きな人、なんとなくオランダを知りたい人に向けて書いています。

#59 オランダ留学25週目《前期終了、後期スタート》

Dag!

ついに、留学の秋セメスターが正式に終了して、春セメスターが始まりました。折り返しに来たので、今までの反省を生かしてもっともっと充実した半年にしていきたいです。

 

シンポジウム

授業最終日は、各自の研究成果を発表するシンポジウムを行いました。一般公開されたので、大学教員や各行政機関の方、新しい留学生など、様々な方が参加していました。半年に渡る、ギリシャとオランダの都市比較の研究結果に基づいてワークショップを行いました。特に失敗等はなく、無事に終えることができました。

参加者からもポジティブなコメントが頂けて大変満足です。

プレゼン終了後は、簡単なフェアウェルパーティーがありました。ちょっとした食事と毎回恒例のアルコールをいただきました。普通に大学内でお酒を飲み、みんな酔っ払うという、ありえない光景でした笑 (普通に隣では授業をしていました...)

f:id:netherlandstudyabroad:20190210194912j:plain

Heinekenとワインがありました。新しい学生とも交流できました。

 

前期を振り返って

今でも、授業始まりたての不安感を鮮明に覚えています。教室に入ると、ほとんどがヨーロッパ人。いかついチャラそうな人ばかりで、ああこれはやっていけないな、と。早く終わらないかなあと思ったことも何度もありました。それでも、日本との違いや英語力不足、コミュニケーション不足をなんとか乗り越えて、半年間やってきました。

しかしいざ、終わってみるととても充実した楽しい半年間でした。そして、振り返ってみるとクラスメイトはみんな優しくてとてもいい人たちでした。

最後に何人かに言われて心に残っているのは、「もっと自信を持って、もっと人と話して、もっと意見を言った方が良いよ!」です。これはそのとおりで、前期の一番の反省点です。いつまでも(未だに)英語に対する自信のなさはなくなりませんし、それ故にコミュニケーションを怠ってしまったり、意見をあまり言わなかったりすることがたくさんありました。ちょっと分析してみると、今まで自信を持たないことで自分に保険をかけていたのかなあと思います。そんな生き方はダサいし、改善していかなくてはなりません。

ということで、後期はもっと(根拠のない)自信を持って、もっと人と話して、もっと意見を言うというのを目標にしていきたいと思います。とても当たり前のことですが、自分にとってはこれが一番大きな課題だと思うので、これを目標にします。

f:id:netherlandstudyabroad:20190210200354j:plain

結局3時位まで最後の晩餐を楽しみました。

 

春節

ロッテルダム市内で大々的に中国の新年を祝うイベントがあり、中国人の友人と一緒に参加しました。思ったより中国系よりも現地のオランダ人が多くてびっくりしました。中国人とはよく日本との共通点(言語や文化など)について話す事が多いですが、ほんとにその共通点や違いは面白いです。政治的問題についてはここではノーコメントですが、中国人には本当に色々お世話になっているので、日本と中国の関係は良好であってほしいと思います。

f:id:netherlandstudyabroad:20190210200847j:plain

 

英語に対する考え方

ルームメイトがとても良いことを言っていたので、ここに書き留めておきたいと思います。英語、特に英会話に対する考え方です。

「我々、英語の学習者はネイティブじゃないんだから完璧に話すのは無理。だから、とにかく喋りまくるのが大事。ネイティブは1センテンスで相手に何を言いたいのか伝えられるかもしれないけど、それができないノンネイティブは5センテンス話せばそこから1センテンス分の言いたいことを理解してくれる。例えばシューティングゲームで一発で敵を倒せるのはすごいことかもしれないけど、何発も打って敵を倒すのだって別に問題ないではないか?日本人は特に文法や間違いを気にしすぎてコミュニケーションが成立しないことがあるから、もっととにかく喋り続けて相手に理解してもらう姿勢を持つことがまずは重要ではないか」

とのことです。とても心に響きました。最初から話せる人は一人もいない訳で、とにかくコミュニケーションをとりまくって経験値を貯めるのが一番の近道かと思います。

 

 

明日から授業が始まります。英語学習にも再び力を入れて頑張っていきたいです。

Dag!