オランダ留学のブログ

オランダ留学をしたい人、オランダに住みたい人、オランダが好きな人、なんとなくオランダを知りたい人に向けて書いています。

#43 オランダ留学17,18週目《ギリシャ研修》

Dag!

先週は、忙しくて更新ができませんでした。今回は2週間分まとめます。この2週間は主に授業の海外研修に行っていたのでその内容がメインです。

 

ルームメイトの誕生日

ルームメイトが誕生日だったので、一緒にホットポットをしました。ルームメイトのホームユニバーシティでのルームメイトがイギリスからちょうど旅行でロッテルダムに来るとのことで、イギリス人のルームメイトのルームメイトも参加しました。

イギリス人のイギリス英語を理解するのがとても難しくコミュニケーションを取るのが大変でしたが、楽しい時間を過ごせました。

 

世界一のピアニストのコンサートへ

世界的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチのコンサートに行ってきました。毎回恒例のロッテルダムのコンサートホールです。学生料金で10ユーロ!(飲み物付き)

もし日本でチケットを買ったらもっともっと値が張ります。この値段で素晴らしい演奏を聞くことができてとても嬉しいです。チケットは音楽好きの友人が取っておいてくれました。感謝です。

実は、そのチケットを持っていくのを忘れ、一回家に戻り、2分前に会場に着きました。1日のエネルギーすべてを自転車を漕ぐのに使ってなんとか間に合わせられました。

f:id:netherlandstudyabroad:20181224064431j:plain

2週間のギリシャ研修

2週間ギリシャで比較研究を行ってきました。授業のリサーチの一環です。テーマは、新しいメトロがもたらす社会経済的影響です。今回訪れたところはアテネではなく第二の都市テッサロニキというところです。現在、公共交通機関はバスのみで、メトロは2020年に運用開始します。バス網は決していいとは言えず、車内は相当な混雑です。

 

ギリシャでの旅行(観光)に関してはこちらの記事でまとめました。

 

netherlandstudyabroad.hatenablog.com

 

ギリシャの大学は危ない?

ギリシャでは、大学は危険な地域とされているそうです。薬物の売買、暴力事件、性的暴行事件がよく起こるからです。実際に、夜にキャンパスを歩いたことがあったのですが、たまたま薬物売買らしき人を見かけました。基本的に大学は安全な場所と思っていたので、この事実にはかなり驚きました。警備が行き届いていないのが問題らしいですが、今後警備の強化等で改善をしていく流れにはなっているそうです。

ちなみに、大学の建物もなかなか刺激的でした。窓ガラスはところどころ割れていて、落書きはたくさんあります。建物の中にも落書きがあります。まるで日本のドラマとかでよく見る荒れた高校のようです。

 

ギリシャ人は勤勉?

ギリシャ人で一括りにはできないですが、今回一緒に協力してくれたギリシャ人の大学生は本当に熱心に取り組んでくれました。頻繁に困っていることはない?と気にかけてくれたり、これを調べてほしいと言ったらすぐに調べてメッセージで教えてくれたりしました。また、最終プレゼンも一緒に作ったのですが、一人は夜中の3時まで色々修正等をしてくれました。

少し日本人的な(?)優しさ、真面目さが垣間見れました。

 

一方で 

ギリシャでは、ほとんど予定の時刻になっても誰も現れません。毎日ワークショップがあり、開始時刻が前日に告げられるのですが、それは本当の開始時刻ではありません。10時開始と言われたら10時15-30分に始まります。教授さえ遅れてきます。それが伝統らしいです。うーーん。だったら最初から10時30分にすればいいのにと思いますが。私はこの習慣は馴染めないです。

夕食に誘われたときも、私はもちろん時間どおりに行ったのですが、誰もいませんでした。結局30分くらいして集まりだしました。

f:id:netherlandstudyabroad:20181224064728j:plain

他の人を待ちます。

 

いよいよクリスマスホリデーです。周りの多くは実家に帰省したり、家族と過ごすようですが、私は一人旅です!!感謝を忘れずに楽しみたいと思います!

2018 

Happy Christmas & Happy New Year