オランダ留学のブログ

オランダ留学をしたい人、オランダに住みたい人、オランダが好きな人、なんとなくオランダを知りたい人に向けて書いています。

#36 週末パリ旅行 Part1

Dag!

金曜日が休みだったので、金土日の3日間(3日目は移動だけだったので実質2日間)でパリに観光に行きました。短い旅行時間でしたが、十分に堪能することができました。

 

ロッテルダムからパリ

今回のロッテルダムーパリ間は、タリスを利用しました。というのも、最低価格の片道35ユーロでチケットが取れたからです。ちなみに他の手段としては、飛行機やバスでも行けます。

f:id:netherlandstudyabroad:20181119011635j:plain

赤が映えます。

 

1日目

今回の旅は、ほぼ2日間ということで、1日目に定番の観光スポットを巡り、2日目はルーブル美術館を中心に巡ることにしました。ということで1日目は定番の観光スポット巡りです。

 

サクレ・クール寺院

まずはパリ北駅から近い、サクレ・クール寺院に行きました。ここは、丘に登る途中でミサンガ売りに詐欺られることで有名です。到着早々、私も一人のミサンガ売りに腕をつかまれ、あやうくミサンガを高値で買わされるところでした。無理やりミサンガをつけてくるので要注意です。とにかく無視です!

サクレ・クール寺院自体は、霧のせいでいまいち見えなかったのですが、その白さが美しかったです。晴れてたら美しさ倍増のはず。中は無料で入れます。

f:id:netherlandstudyabroad:20181119012223j:plain

 

パレ・ガルニエ

パリの中心部へ向います。途中にオペラ座があるので、寄りました。バレエを見るために入っても良いですが、見学だけも可能です。今回は時間の関係から見学だけしました。中は豪華です。半端ないです。やりすぎです笑

f:id:netherlandstudyabroad:20181119012453j:plain

すべてがこんなに豪華なわけではないです。あくまで一部です。

 

オルセー美術館

コンコルド広場に行き、そのあとオルセー美術館に向いました。ルーブル美術館の次に有名とされている美術館です。数々の有名作品が展示されています。ゴッホの自画像やモネ、ルノワールセザンヌの傑作を始めとする、一度は必ず見たことある絵画がたくさんあります。ルーブルほど広くはないですが、数時間は楽しめる美術館です。

f:id:netherlandstudyabroad:20181119012724j:plain

駅舎を利用した美術館らしいです。

 

エッフェル塔

エッフェル塔を見に向かいます。対岸のTrocadero駅で下車するのが良いと、地球の歩き方に書いてあったので従いました。従って正解です。

f:id:netherlandstudyabroad:20181119013107j:plain

霧がかっていて全ては見えなかったが、これはこれで非常に美しい。

 

凱旋門

エッフェル塔を訪れた足で、次は凱旋門に向います。エッフェル塔もそうですが、パリの観光スポットの近くには必ずお土産を高値で売りつけてくる人たちがたくさんいます。怖いですが、無視しましょう。

凱旋門へは、地下道から行くことができます。上へ登り、パリの街が一望できます。私はこのときは登らずに、2日目の夜に登ることにしていました。

f:id:netherlandstudyabroad:20181119013939j:plain

凱旋門から広がる大通りはシャンゼリゼ通りです。まあ、普通の通りです笑 ちなみに、2日目の夜ご飯をシャンゼリゼ通りのマックで食べたのですが、なんと入場するのにボディーチェックがありました。ヨーロッパがテロの脅威等に常にさらされていることを身にしみて感じました。

 

パンテオン

続いて、パンテオンです。著名人のお墓があります。キュリー夫人やルソーなどなど。

このパンテオンの入場料を払っているときに重大なことに気づきました。なんと、ヨーロッパ圏に住んでいる若者は、大体の美術館や博物館、教会の入場料が無料になるのです。この恩恵を受け、今回はほぼすべての美術館や博物館、教会を無料で巡ることができました。(約50ユーロほど節約)ヨーロッパ留学中の方は、ぜひ居住許可証を忘れずに持参して、この恩恵を受けてください。

f:id:netherlandstudyabroad:20181119014226j:plain

 

ノートルダム大聖堂

最後は、ノートルダム大聖堂へ行きました。ゴシック建築の教科書みたいな建築です。実際に自分の目で見られたことが本当に嬉しいです。中へは無料で入れます。

f:id:netherlandstudyabroad:20181119014733j:plain

このあと、近くのサブウェイでディナーを食べ、1日目は終了です。

 

とてもハードな一日でしたが、とても充実した1日でした。

Dag!