オランダ留学のブログ

オランダ留学をしたい人、オランダに住みたい人、オランダが好きな人、なんとなくオランダを知りたい人に向けて書いています。

#24 日帰りブリュッセル旅行

Dag!

オランダはだんだん寒くなり、暗くなり、気持ちが沈む季節がやってきました。幸いまだ晴れ間があるので元気に過ごせていますが、これからが心配です。

そんなオランダを少し離れてベルギーのブリュッセルに旅行に行ったので、簡単にまとめたいと思います。

 

ロッテルダムからブリュッセルまで

ロッテルダムからブリュッセルまではいくつか行き方がありますが、バスで行くのが一番効率よく、かつ安く行けるかと思います。ヨーロッパ内の移動に欠かせない長距離バスを利用します。電車とそんなに時間が変わらないのにも関わらず、かなり安く行けます。バス停はしっかりと街の中心にあるので、人気のないところで降ろされる心配もありません。長距離バスの有名所にFlix busやEuro linesがありますが、今回はFlix busを利用しました。片道約3時間、9ユーロでした。格安です。

 

バスの乗り心地は?

乗り心地は、思っていたより良かったです。日本の普通の大型長距離バスの座席間隔、広さ、快適さです。日本人にとっては十分なスペースがあると思います。トイレは思ったよりキレイでした。全体的に日本の長距離バスと大差はないと思います。

バスが最初少し遅れて到着しましたが、基本的に遅延はなかったです。ですが、たまに大幅遅延(一時間とか)があるそうなので、時間に余裕が無い方にはおすすめできません。

ちなみに、バスで長時間過ごすのが結構苦痛なので、4,5時間までの利用が限界かもしれないなあと今回感じました。(そのうちバスでパリに行こうと思っていたが多分無理)

 

朝、人が少ない...怖い

到着後、ブリュッセル北口駅から中心街までの道中に、不良みたいな人とホームレスに絡まれました。ブリュッセルの治安はどうかと言われると、良いとは言えないかもしれません。朝だったのですが、やけにブリュッセル北口駅前が閑散としていて、ホームレスや酔っぱらいがいました。ロッテルダムではあまり見られない光景だったので少し驚きました。それだけ大きな観光地だという裏返しでもあります。

 

一日でブリュッセルを楽しむルート

ブリュッセルはコンパクトな街で、魅力が集中しているので、一日で観光スポットを回ることができます。今回、私が回ったルートはこんな感じです。

f:id:netherlandstudyabroad:20181004050536j:plain

Google Map使用)

 

ブリュッセル北駅→王立モネ劇場前のワッフル屋でワッフル食べる→ギャルリー・サンチュベール→グラン・プラス→小便小僧→芸術の丘→王立美術館→王宮→ブリュッセル公園→EU本部→オートワールド→王立軍事歴史博物館→サン・ミッシェル大聖堂→小便小僧付近のお土産屋密集地帯でチョコレートなど買う→日本料理屋で夕食→グラン・プラスで夜景→ブリュッセル北口駅

 

午前中に中心部に行って日中のグラン・プラスを見る

今回の旅の一番の目的は、グラン・プラスの夜景を見ることでした。夜景を見る前に昼間の姿も見ておきたかったので、午前中にまず訪れました。

夜間と違って細部までしっかりと見ることができるので、昼間にも見ることをおすすめします。

f:id:netherlandstudyabroad:20181004051644j:plain

アイフォーンのカメラに収まりきらないくらいデカイです。

 

小便小僧、小さい

ブリュッセルと言ったら、小便小僧を連想する方もいるくらい有名な像なのに、本当に小さくて、見逃しそうになりました。普通の通りの角にぽつんと立っています。

この日は、なんか着ていました。

f:id:netherlandstudyabroad:20181004051907j:plain

f:id:netherlandstudyabroad:20181004051918j:plain

f:id:netherlandstudyabroad:20181004051925j:plain

小便小僧付近は、このように小便小僧一色です。

 

芸術の丘からブリュッセルを見渡せます

芸術の丘からは、ブリュッセルの美しい街並みを見下ろすことができます。

f:id:netherlandstudyabroad:20181004052219j:plain

f:id:netherlandstudyabroad:20181004052243j:plain

 

王立美術館を巡る

続いて、王立美術館を巡りました。古典美術館とそこに隣接する世紀末美術館やマグリット美術館の総称のことを言うそうで、最初それを知らずにひたすら美術館の周りを歩いて、王立美術館を探してしまいました。実際、「王立美術館」という独立した美術館は存在しません。

たった5ユーロ(学生)で、貴重なコレクションを堪能できて満足でした。

 

最高のストリート

美術館を後にしてすぐ、今まで見た中でトップ3に入るくらい美しいストリートを発見しました。あくまで個人的な美的センスに基づいていますが、おすすめです。王立美術館を出て、最高裁判所に向かう一本道です。

f:id:netherlandstudyabroad:20181004052833j:plain

 

EU本部

美術館を後にして、王宮、公園と訪れました。公園で持参のランチを食べました。節約です。そのあとEU本部が位置している場所に電車で向かいました。

本部の目の前でデモがあり、なんとも複雑な気分になりました。

f:id:netherlandstudyabroad:20181004053150j:plain

 

オートワールドと王立軍事歴史博物館

EU本部から歩いてすぐに位置するサンカートネル公園に向かいました。ここには凱旋門があり、その両隣に博物館があります。

f:id:netherlandstudyabroad:20181004053512j:plain

f:id:netherlandstudyabroad:20181004053521j:plain

博物館は、クラシックカーが多数展示されているオートワールドと、軍事関連の品が展示されている王立軍事歴史博物館に行きました。

正直なところ、オートワールドは車に興味のある人には相当楽しめる場所ですが、そうでない人には少し物足りないかもしれないと感じました。学生料金で7ユーロでしたが、ちょっと高い気がします。

対して、軍事博物館は、万人が楽しめるくらいの展示数、展示方法なので、おすすめです。料金も4ユーロと安いです。

 

サンミッシェル大聖堂

荘厳な大聖堂です。なんと無料で入れます。ちょっと疲れていたので中の椅子で少し休憩も兼ねて、ボーッとしていました。美しい大聖堂の中で何も考えずにボーっとする、これほど最高な瞬間はないと思います。

f:id:netherlandstudyabroad:20181004054638j:plain

 

チョコレートと日本食

チョコレートは絶対食べたかったので、夜になる前に店に駆け込みました。場所によって値段がまちまちなので、しっかりと安い店を見極めると節約になります。今回は、6つのチョコで2.55ユーロでした。

そのあと、夕食に日本料理屋に行きました。焼きそば的なのを食べました。

そのあと、トイレに行きましたが、トイレが0.5ユーロしました。ヨーロッパの嫌なところ第一位に挙げてもいい、トイレ有料問題はどうにかしてほしいです。

 

グラン・プラスの夜景

しっかり日没するのを待って、待望の夜景を見に行きました。本当に感動する夜景でした。この目で見れたことが今でも信じられないです。

f:id:netherlandstudyabroad:20181004054330j:plain

f:id:netherlandstudyabroad:20181004054420j:plain

 

初めてのオランダからの海外旅行で少し緊張していましたが、存分に楽しむことができました。次はドイツあたりに行ってみたいと思います。

Dag!