オランダ留学のブログ

オランダ留学をしたい人、オランダに住みたい人、オランダが好きな人、なんとなくオランダを知りたい人に向けて書いています。

#17 ロッテルダムとは一味違ったアムステルダム日帰り旅行

Dag!

今週はなぜか授業が少なくまとまった時間が取れるので、今までの(小)旅行をまとめたいと思います。まずはアムステルダムです!

 

アムステルダムはオランダの首都

私が現在住んでいるロッテルダムはオランダの首都ではありません。オランダの首都はアムステルダムです。アムステルダムはオランダの中心で、人口は第一位です。ちなみに二位はロッテルダムです。

たびたびアムステルダムロッテルダムは似た者同士で語られ、どっちが良いかとか言われるわけです。オランダ人の中にはロッテルダムが首都にふさわしいと言う人もいます。

そんなアムステルダムですが、観光都市として大きく発展しています。人口の半分が観光客なんじゃないかというくらい観光客がいます。

したがって、人混みも多くなるので治安も良くはないです。実際この前、切りつけ事件がありました。

アムステルダムは観光としての魅力がたくさんあるので、今回は私の訪れたスポットを中心に紹介したいと思います。

 

ロッテルダムからアムステルダムまで

ロッテルダムセントラル駅からアムステルダムセントラル駅までは、電車でおよそ40分です。電車は、普通の電車ですが、普通に座れました。オランダの電車は日本と形状が違い、特急列車のような座席の配置になっています。自由席なので席は早いものがちですが、だいたい座れます。

料金は割引無しで片道15.4ユーロです。高いですね。

f:id:netherlandstudyabroad:20180912044723j:plain

黄色い車体が特徴的な電車です。 

 

駅に到着、早速一個目の観光スポットです

アムステルダムセントラル駅は、東京駅に似ている美しい駅です。駅が観光スポットになっています。そして、この駅を中心にアムステルダムのまちが広がっています。

f:id:netherlandstudyabroad:20180912044824j:plain

アムステルダム駅、とても混んでいます。

 

私が回ったルートはこんな感じです。駅から出発し、歩いて行ける範囲で定番のスポットを回り、また駅に戻るルートです。

f:id:netherlandstudyabroad:20180912044530j:plain

ルートは記憶を頼りに引いたので適当です。

Google Map使用)

  

ダム広場と王宮

駅から歩いてすぐのダム広場に向かいました。大きな広場で、待ち合わせに使っている人も結構いました。

f:id:netherlandstudyabroad:20180912045317j:plain

王宮の前で馬車が待ち構えています。

 

このダム広場には王宮がそびえ立っていて、ものすごい雰囲気を醸し出しています。例のミュージアムカードを持っていると無料で入れるので、もちろん中に入ってみましたが、息を呑む光景が広がっていました。

f:id:netherlandstudyabroad:20180912045253j:plain

王宮です。なぜか大量の鳩がいます。

 

オランダは外食がとんでもなく高いので、自宅から持参したサンドウィッチをダム広場で食べました。個人的な見解ですが、オランダは日本に比べて、持ってきたものを外で食べる人が多い印象です。

 

アンネ・フランクの家の外見だけ観た

あの有名なアンネ・フランクの家はアムステルダムにあります。行きたかったのですが、連日超混み&ネットでの事前予約が必要とのことで外見だけ見に行きました。ただの建物でした。

f:id:netherlandstudyabroad:20180912045820j:plain

 

国立ミュージアムで数々の名作を観る

だいぶ歩いて、国立ミュージアムに行きました。オランダでも有数の美術館で、フェルメールの牛乳を注ぐ女、レンブラントの夜景が目玉です。ここも例のミュージアムカードで無料で入りました。

展示数が多く、しかもルートがわかりにくく、1作品0.3秒くらいで見て回ったのに全部で1.5時間位かかりました。じっくり観たら半日から一日は要します。

この美術館の周りには、ストリートミュージシャン大道芸人が多いので、それを観るのも面白いかと思います。

ちなみにこの美術館の前には「I amsterdam」像があります。よじ登って写真取る人が多いあれです。

f:id:netherlandstudyabroad:20180912050332j:plain

 

次は、ゴッホに会いに行く

近くにゴッホ美術館もあるので、続けて訪れました。ここもミュージアムカードが使えて無料で入れました。チケット売り場が独立しているのが気づきにくいのでそこだけ注意です。

ゴッホの有名所からあまり知られていない作品まで、ゴッホずくしの美術館です。

f:id:netherlandstudyabroad:20180912050836j:plain

 

旧教会?赤い教会?

旧教会に行こうとしたのですが、ミュージアムカードが使えない的なことを言われて、別のところに案内されました。行き着いた教会はおそらく屋根裏部屋の教会というところで、内部が真っ赤な独特な教会でした。

目がおかしくなりました。

f:id:netherlandstudyabroad:20180912051248j:plain

 

飾り窓とマリファナ

旧教会が、いわゆる飾り窓地区のど真ん中にあるので、帰りは飾り窓地区を歩いて駅に向かいました。

飾り窓とは、俗に言う売春をするところです。オランダでは合法なのでオープンです。実際夕方に歩いたのですが、危険な雰囲気や怖い雰囲気は一切感じませんでした。というのもこの地区が観光地化してしまったからでしょうか。

また、この地区にはマリファナが吸えるコーヒーショップというお店も乱立しています。もちろん日本人が吸ったら日本で裁かれてしまうので注意してください。

このように、アムステルダムは少しディープな側面もあるのです。

 

駅に到着!

歩き疲れて駅に到着です。朝出て、夕方帰るような感じでした。日帰りでも十分楽しめました。

結局、出費は、ミュージアムカードと昼食持参のおかげで、電車代とお土産のポストカード代だけで抑えることができました。アムステルダムは美術館が多いですが、ミュージアムカードを持っていれば意外に出費を抑えられます。

 

アムステルダムは観光地化されていて、少し窮屈に感じたのが正直なところです。ロッテルダムは観光客が少なく、かつ美しい自然や運河が広がっているので、のびのびと観光をしたい方はロッテルダムもおすすめです!

Dag!