オランダ留学のブログ

オランダ留学をしたい人、オランダに住みたい人、オランダが好きな人、なんとなくオランダを知りたい人に向けて書いています。

#6 ややこしい交換留学事前準備 <概要編>

Dag!

ずいぶんと久しぶりの投稿になりました。言い訳をすると、忙しかったのです...

何で忙しかったかというと、事前準備です!!!思ったよりも色々とややこしくて手間がかかりました。

今回は、交換留学に受かってから留学出発までの準備について概要をまとめたいと思います!ビザ/居住申請、住居確保等についてはまた別の記事で詳しく書きます。

 

*友人が留学ブログを始めましたので、ぜひこちらも見てみてください!
photoculty.hatenablog.com

このブログを見て自分も更新しなきゃ、と思って本記事を書くに至っています笑

 

事前準備 概要

  1. 国際課と今後の流れ確認
    日本の大学の国際課から、今後の流れに関してメールが来ました。日本語でまとめられてあり、とてもわかりやすかったです。国際課は、留学先との連絡の仲介をしてくれることが多いので、とても助かります。入学許可申請をしましょうとのことがあったので、オンラインで申請しました。

  2. 入学許可オンライン申請

    オンラインでの申請でした。名前や連絡先などの基本情報に加えて、パスポートのコピーや、希望する授業のモチベーションレターの添付もありました。

    モチベーションレターは、希望する授業をプルダウンで選択した後に必要だよって教えてくる仕様になっていて、あやうく期日に遅れるところでした。最初から示しとけや!と思いました。各種オンライン申請では、いざ登録しようとして登録を進めて行くと、後出しでこれが必要と言われることが多いので、まずは適当にプルダウンで選んで、何を必要とされているのかを最初に確認することが非常に重要だと感じました。

    入学許可と言いましたが、日本の大学の留学制度を使っているので、事前に入学の保証は99%取れています。日本の大学で留学確定を最初にいただきますが、これは日本の大学側が留学に行くことを許可しているに過ぎず、留学先大学には別途許可が必要なのです。

  3. 入学許可受け取り
    しばらくすると留学先大学からメールが来て、入学許可証と今後の手続きについての書類をいただきました。これで入学が確実に許可されたのです!

  4. 寮確保
    私の場合、大学側が寮を確保してくれるのではなく、自分で確保しなくてはなりませんでした。これがなかなか大変でした。需要が多くかつ先着順とのことでとても焦りましたが、なんとか確保することができました。詳しいことはまた別の記事で書きます。

  5. 各種証明書の取得

    手続きにあたり、多くの証明書を集める必要があります。ざっとあげると、パスポート、残高証明、奨学金証明書、健康診断書、戸籍謄本、外務省でアポスティーユ申請.....

    必要な書類、取得方法についてはまた別の記事で書きます。

    取得するものが結構多くあり、さらに取得までに時間がかかる場合もあるので、早め早めに取ることが大切です!

  6. 居住許可証取得に必要な書類メール提出

    居住許可証に必要な書類(パスポートコピー、無犯罪証明書?、残高証明書)をメールで送ります。日本人なら、これだけで大丈夫です!なんと少ないことか、ありがたい...

    メールでの確認が終わると、残高証明書を郵送します。私は送金したので郵送はしませんでした。もう少し細かく別の記事でまとめるので、参考にしてみてください。

  7. 取得予定の授業の面接

    私の希望した授業では面接がありました。というのも、授業の一環で海外実習があり、実習先を3つの国から選ぶ方式で、それの選考がスカイプ面接で行われるからです。

    なぜその国なのか?どんなスキルを活かせるか?に加えて英語力を見られました。まだ結果は出てないので、どこの国に実習に行くのか不明です笑

    事前にALTと練習したので面接自体はなんとか乗り越えられました。

  8.  航空券確保

    航空券の確保をしました。20万円まで給付の奨学金が出るので、その範囲で往復のチケットを予約します。色々探した結果、カタール航空で19万円の往復チケットを予約しました。途中カタール・ドーハ空港でトランジットのため時間がかかりますが、節約のために直行便は避けました。

    初のカタール航空、初の中東トランジットで結構心配ですが、世界航空会社ランキング、世界空港ランキングで両方とも一位に輝いてるそうなので、なんとかなりそうかと思います。(というか、むしろ期待している)

  9. 海外留学保険登録

    海外留学保険の加入をしました。大学から、「治療・救援費用1億円以上」との指定があったので、その条件を満たす保険を探し、たびほの保険に加入することにしました。15万円くらいです。

    【公式】海外旅行保険・留学保険《t@bihoたびほ》
    保険は100%入っておいた方がよく、入らないという選択肢はないに等しいので、価格や保証内容等を吟味して選ぶといいかと思います。

  10. 危機管理サービス登録

    大学で登録必須の危機管理サービスOSSMAに入りました。1年間の留学だと3万円程度の登録料です。結構痛い出費ですが、なんか“すごいサービス”があるみたいなので、入って損はないのかなあと...

このように、思っていたよりやることがあります。期限は厳格に決められているので、スケジュール管理が必須です。

慌ただしく事前準備をしてきて大変だったのですが、この準備段階が一番楽しい時なのかもしれないですね。 

 

Dag!