オランダ留学のブログ

オランダに住みたい大学院生のブログ

オランダに関する記事だけでなく、旅・英語学習・ミニマリズムなどについても書いてます。

#111 【英語学習にも最適】最近ハマってるおすすめ洋楽3選!

Dag!

最近は家にいることが多く、音楽を聞く機会も増えました。そこで、今回は、最近ハマっている洋楽を紹介します。

1. Sasha Sloan

アメリカのロサンゼルスをベースに活躍するアーティストです。2015年くらいから活躍し始め、Kygo、Steve Aoki、Camila Cabelloなどの有名アーティストの曲にも携わっています。(Wikipediaより)

下の2曲はKygoとの曲です。

youtu.be

youtu.be

下の曲は、個人的に一番好きな曲です。Tokyoというワードもでてくるので、なぜか親近感がわきます。

youtu.be

2. SHY Martin

続いて、スウェーデンのアーティストです。スウェーデン人なのに英語で曲を書けるという凄さ。

一番有名なのは、The Chainsmokers のAll We Know です。これの作詞に携わっています。

youtu.be

他にも、とてもいい曲がたくさんあります。

youtu.be

youtu.be

3. Loote - "This Is How U Feel"

最後は、以前もこちらの記事で紹介したアーティストの曲です。

netherlandstudyabroad.hatenablog.com

とても爽やかで今の季節にぴったりです。

youtu.be

  

おすすめの洋楽があれば教えて下さい!

Dag!

#110 オランダ人でも間違える英語表現

Dag!

オランダ人は英語がめちゃくちゃ上手いことで有名です。実際オランダに滞在してみて、その凄さに気づきました。

netherlandstudyabroad.hatenablog.com

さて、今回はそんなオランダ人でさえも、たまに間違える人がいる英語表現についてまとめました。加えて、オランダ人がよく使いがちな表現もまとめました。(これらはあくまで私が見てきて感じただけなので、統計的な裏付けはありません。)

オランダ人がよく間違える表現

1. look forward to ~

大学受験必須のこの表現。「〜を楽しみにする」という意味ですが、この〜に入るのは名詞でなくてはいけません。ですので、

I look forward to the party. (パーティーを楽しみにする)

とか

I look forward to seeing you this weekend. (今週末、会えるの楽しみにしてるよ)

といったように使います。

しかしながら、To不定と勘違いして、

I look forward to see you this weekend.

のように使っているオランダ人もいました。しかも、大学の留学課がオフィシャルなメールの締めでさえもこのように間違って使っていました。

このtoはあくまで前置詞なので、あとに来るのは必ず名詞でなくてはいけないので、動詞をそのまま置くことはできません。ですので詞を詞に変える動名詞(~ing)”にします。

2. ~, isn't it?

これは日本人でもよく間違えて使っている人がいますが、意味は前の内容を受けて「〜だよね?」と同意を求めるような感じで使います。

It is hot today, isn't it? (今日暑くね?)

のような感じです。しかし、以下の使い方はすべて間違っています。

1) It is not hot today, isn't it?

2) She is tired today, isn't it?

3) He went to the library yesterday, isn't it?

そもそもこの表現(付加疑問文と言われます)の使い方は、前述の内容を受けていますが、その受ける部分の主語と動詞と対応させる必要があります。動詞の反対(肯定文だったら否定、vice versa)の形をとった動詞+主語を文末にくっつけるルールです。何にでもとりあえずisn't itをつければいいっしょ!というわけではないです。

したがって、上の間違った文はそれぞれ、

1) It is not hot today, is it?

2) She is tired today, isn't she?

3) He went to the library yesterday, didn't he?

になります。たちが悪いのは、"It looks great(良さそう)"などの"look(〜のように見える)"や"sound(〜のように聞こえる)"です。ついついisn't itにしてしまいたくなります。

3. Did you ~?

あまり見かけなかったですが、 数人の先生と生徒がこのミスをしていました。それが、過去形の疑問文で、文中の動詞まで過去形にすることです。

Did you finished your homework?

のような感じです。正しくは、

Did you finish your homework?

です。

オランダ人がよく使いがちな表現

1. make sure ~

ある先生がこの表現を毎授業10回は使っていたり、生徒でも言葉に詰まったらこの表現を多用したりしていました。実際とても使える表現です。ぼやかすことができます。

意味は、「〜ということを確かめる」です。ぜひ使ってみてください。便利です。 

2. aspect

同じく便利な表現です。意味は「(物事の)様相」です。

これも言葉に詰まったときに言えばその場しのぎになる表現です。 

f:id:netherlandstudyabroad:20200424230139j:plain

ここはどこでしょう。英語と少し関係があります。

 

以上、あくまで私の見てきた範囲ではありますが、まとめてみました。間違えやすい表現が多かったので、気づかないうちに間違って使っていたということが多いのかもしれません。オランダ人でさえも英語のミスはあるので、過度に英語のミスに怖がる必要はないのだなあという気持ちになれます。 

Dag!

#109 最恐の飲み会ゲーム "Never have I ever"

Dag!

旅行にいけなくなるという、旅行好きにとっては最悪な展開が世界中で起きていますが、今は沈静化を祈るのみです。今回は、ずっと家にいて、ふと思い出した最悪・最恐の飲み会ゲームについてです。

欧米で留学する人が必ず通る道

欧米圏の文化は日本の文化とは異なることがたくさんあります。特に、飲みの場のルールや文化は非常に違いが現れて面白いです。テーブルに紙コップを並べてピンポン玉を投げ合う「ビアポン」なんかはよく欧米圏のドラマで見かけますが、日本ではあまり見かけません。

f:id:netherlandstudyabroad:20200408155842j:plain

ビアポン

他には、欧米圏では缶ビールに加えて瓶ビールが多いことも一つの違いです。瓶ビールは栓抜きが必要なわけですが、栓抜きがないときはテーブルのふちを使って空けたり、ビン同士で空けたりします。そういった風景も日本ではなかなか見ません。ちなみに、瓶ビールは飲んだあとの瓶をスーパーなどに返却することが可能で、数十円返ってきます。大量の瓶を返却してその返ってきたお金でまたビールを買うというのがあるあるです。

さて、そういった色々な違いが見れるお酒事情ですが、飲み会のゲームにも欧米特有のものがあります。それが今回紹介する"Never have I ever"ゲームです。

ゲームのルールは?

このゲームは、日本語にすると、「暴露大会」みたいな感じです。一人ずつ"Never have I ever"のあとに、自分が経験したことはないけど他に経験した人がいそうなことを言っていきます。もし経験した人がいた場合は、その人がお酒を飲みます。そして、"Tell me more", "Tell us more"とまわりが突っ込んできます。そしてその経験について話すわけです。もし、誰も経験した人がいなかったら、自分自身がお酒を飲んで次の人にターンが移ります。

明確なルールは国や人によって異なるとは思いますが、あくまで私のまわりではだいたいいつもこんな感じのルールでした。そして、このゲームのいやらしいところは、段々と過激な質問になっていくことと、友達の秘密を知っている場合、あえてその秘密を暴露しようとする輩が現れることです。

最初の方は、「髪を染めたことがない」とか「学校に遅刻したことがない」とかいうかわいいことばかりですが、だんだんとやばくなってきます。

f:id:netherlandstudyabroad:20200408155915j:plain

ビールは安くておいしい

なぜ最恐なのか

私は、オランダに留学してから、幾度となくこのゲームに遭遇してきましたが、一度たりとも面白いと思ったことはありません。むしろ恐怖でした。では、なぜ私はこのゲームに恐れおののいていたのでしょう。それは3つほどあります。

最恐ポイント1

暴露のレベルが高すぎる

先程も言いましたが、段々と暴露のレベルがやばくなります。ここでは言いませんが、ぜひ調べてみてください。とんでもないものばかりです。そして、そんなとんでもないことを誰かが言ったときに、意外にみんなお酒を飲むわけです。(つまり飲んだ人はその経験がある)ああ、これが欧米のパリピかあ、と何度思ったことか。自分の生きている世界とは別の世界で生きているのだなあと確信しました。以下の動画なんかが良い例です。

youtu.be

最恐ポイント2

お酒を大量に飲まされる危険性がある

2つ目は、このゲームに限ったことではないですが、欧米圏の人たちはよくお酒を飲みます。ですので、そのペースに合わせて飲んでいると大変なことになります。量ももちろん、ペースまで早いので、お酒に概して強くないアジア人は真似しないほうがいいです。

最恐ポイント3

さて、3つ目ですが、今回はこれを言いたくてこの記事を書きました。3つ目にして、最大の最恐ポイントは、

   英語がわからない!

ということです。

これが何よりも辛かったです。上の動画を見ていただければ分かる通り、英語で〇〇したことがある?とみんなに聞くわけです。言う場合もそうですが、聞くほうが最悪です。なぜなら何を言ってるか分からないからです!そして、普段の授業とかなら教科書を見たり、調べたりすればなんとなくわかりますが、これは授業ではないので、瞬時に相手の言っていることを辞書無しで理解する必要があります。

そして、自分が経験したことがなければ何もせず、経験したことがあればお酒を飲むのです。はい、そうです。ここで適当にお酒を飲んだり、逆に何もしないと、周りから突っ込まれるのです!!!例えば、「タトゥーを入れたことがある」というお題に対して、それが聞き取れずに(実際はさすがにタトゥーは聞き取れますが)間違えてお酒を飲んだとします。そうすると、「ええええ見せて〜」とか言ってくるわけです。「え、え、え、、、、」となるわけです。

これくらいならまだまだ良いですが、だんだん話題がやばくなるにつれて、やけに文が長くなるし訳わからん単語を使ってくるのです。そしてうかつに飲んでしまうと、「ええええ、もっと詳しく教えて〜」とか言ってくるのです。これは悪夢です。ごまかしようがないのです。逆も然りで、飲まないでいると、「ええ、〇〇したことないの?」とか聞いてくるわけです。

こんなにも英語で殺される経験はしたことがないです。よく、酔うと英語がうまくなるとか言いますが、このゲームをしている限り緊張で酔いません!

私は、なんとかこういう局面を最強の推理力で乗り越えてきましたが、何度ごまかしたことか。

こういう飲みの席での英会話というのは一番難易度が高いように感じます。というのも、飲み会というのは会話や雰囲気を楽しんでいるわけで、英語力のなさで会話の流れやゲームの流れを遮ってしまうと、単純につまらないヤツ認定されるからです。英語力がない故に飲み会の場でも恥をかいてしまうというのは悲しいことです。

英語を理解でき、流れに沿って的確に英語を話せるようになるまでは相当な訓練が必要に感じます。「外国人と飲み会ゲームで盛り上がれるようになるまで英語を極める!」というのは一つの良い目標になると思います。

 

以上、欧米で流行りの飲み会ゲームについてまとめました。今となってはいい思い出ですが、当時は本当に嫌でした。

Dag!

#108 留学を経てミニマリストになって気づいたこと

Dag!

最近何かと話題のミニマリスト。私も、オランダ留学を経てミニマリストになりました。今回は、ミニマリストになった経緯と、実際にミニマルに生きる上で気づいたことをまとめたいと思います。

なぜミニマリストになったのか

以前はミニマリズムとは対極の生活

ミニマリストによくありがちというか、これしかない気もしますが、今ミニマリストの私も以前はミニマリズムとは真逆の生活を送っていました。小中時代なんかは、でかい筆箱にたくさんの筆記用具を入れたり、バッグにジャラジャラとキーホルダーを付けたり。高校時代も、謎に中途半端な腕時計を買っては飽き、また買いを繰り返したり、同じような服や靴をいくつも買ったり。

自分の部屋もなかなかカオスな状態でした。ほぼ使わないもの、いらないもので溢れかえり、かなり圧迫した部屋でした。特に、なかなかモノを捨てられない性格だったので、学校でもらってきたプリントや教材を全てためていました。日に日にモノが増えるわけです。

留学が転機に

そんな生活に転機が訪れたのが、「留学」です。留学が決まり、渡航まで指折り数えている頃、「さて何を留学先に持っていこうか」という疑問が生まれたのです。1年間、留学先で生活するわけなので、それなりの荷物が必要になります。ですが、大量の荷物を持っていくとなると追加料金がかかったり、郵送したりしなくてはなりません。そこで初めて、ミニマリズムの思想を取り入れてみようと思ったのです。本当に必要なモノは何なのか、何を家に置いて、何を持っていくべきか。まさにモノの取捨選択をしようと思ったのです。というよりも、取捨選択をしなくてはならなかったのです。

留学に向け大大大掃除

というわけで、留学に向け大掃除をしました。いらないものはどんどん捨て、学校でもらってきた書類や教材も取捨選択をし、大学の教材はスキャンをし、服はスタイルを確立してなるべく減らし、なるべく長く使えるように良いものを買いました。

「取捨選択をすること、気に入ったものを使うこと、上質なモノを末永く使うこと」を、この大掃除を通じて学びました。

留学中にさらにミニマリスト

そして、留学がスタートしました。このオランダでの留学がさらにミニマリズムに拍車をかけました。まず、オランダ人の気質が少しミニマリストに似ているのです。無駄遣いをあまりしない、気に入ったモノを長く使う、手ぶらで出かける、などなど。そういった気質に少しばかり影響されました。

また、留学中はできる限り経験にお金を使いたいという気持ちがあったので、できる限りモノ消費でのお金の消費を避けていました。それによってモノよりも経験を大事にしようというマインドが育ちました。

帰国後の今でもそういったマインドは大事にしています。

ミニマリストになって気づいたこと

ミニマリストになって気づいたことは山ほどありますが、今回はその中でも特に自分の人生に影響を与えたなと思うことを抜粋します。

モノよりも経験

今まではモノを買って消費することで快感を得ることが多かったのですが、(それはそれで良いとしても)その快感はあくまで一過性であることが多いです。もちろん本当に欲しい物を買って毎日それを眺めて快感を得るとかなら良いですが、買って消費して終わりといった場合は、あまり良くないと思います。

そういったモノ消費から、経験にお金を使うようなマインドが育ったことは自分なりに人生を変えたと思います。経験の良いところは、思い出しさえすれば、いつでもそのときの楽しさや充実感を味わえることです。例えば、友達と行った旅行なんかは写真を見たり友達と思い出を語り合ったり、いつ思い出してもいい気分になれます。

加えて、経験することで話のネタになったり、出会いがあったり、今まで興味のなかった分野に興味が持てたり、良いことずくしです。特に経験の内、旅行はおすすめです!多くの場合、経験に払ったお金以上にリターンが得られます。そういうお金の使い方ができると人生が充実します!!

時間が増える

間違いなく時間が増えます。なぜかというと、選択の時間が減るからです。以前の私は毎朝服を選ぶのにかなりの時間をかけていました。時計や靴もいくつかあったので、相当な選択の時間を消費していました。もちろん、ファッションが好きで選ぶのが楽しいなら全然いいですが、私は別にファッションに特段興味があるわけではないのに無駄に選択していました。

皆さんの中にもそういう人はいるのではないでしょうか。さらに、その大量の服の中には長年着ていない服がいっぱいあったり、実はあまり気に入っていない服があったり。

しかし、ミニマリストは毎日着る服がほぼ決まっていて、選択に時間がかかりません。私はもう服のパターンを確立したので、毎日ほぼ同じ服(スタイル)です。色が違うくらいです。靴も同じ靴を2つ買い、それを交互に履いています。すると、面白いくらいに選択の時間の憂鬱から開放されて時間が増えました。

「愛着のあるものを末永く使う」これが私の大切にしている価値観です。

モノに愛着が湧く

「愛着のあるものを末永く使う」モノを取捨選択すると、自然と愛着のあるモノに囲まれることになります。自分の本当に好きなモノだけ残すからです。私は所有物のほとんどに愛着を持っていますし、そのほとんどはどこでどういう経緯で買ったかを語れます。それくらい愛着を持ってモノに接することができると、なんだか人生が充実します。(適当)

環境に優しい

環境にも配慮できます。モノをあまり買わない、消費しない=環境に優しい。ぜひ、ミニマリストになって環境に優しい生活を送ってみましょう!

思考が研ぎ澄まされる

愛着を持ったモノのみを所有し、選択を減らすことで、思考が研ぎ澄まされます。余計な雑念にとらわれなくなるからです。「今日は何着ようかな」、「あれどこやったかな」、「部屋が汚いなあ」といった感情は少なからず思考を邪魔します。有名な話がいくつかありますが、オバマ前大統領やスティーブ・ジョブズなんかのエピソードは有名です。

 

ミニマリスト関連の記事はこれからもう少し書いていきます!それくらい私の人生に影響をもたらしたものです笑

Dag!

#107 【英語学習にも最適】最近ハマってるおすすめ洋楽4選!

Dag!

英語学習の一環として始めた洋楽も、今では趣味になってます。洋楽ばかり聞いていて、日本のアーティストを全く知らなくなってしまい、昨年の紅白歌合戦はほぼ知っている人がいないという状態でした。

さて、そんな洋楽ですが、今回は私が最近ハマっているアーティスト+曲を紹介したいと思います!超有名アーティストはみなさんすでに知っていると思うので、今回はまだ日本ではあまり馴染みのないアーティストを中心に紹介します。

1.Lauv

ニューヨークをベースに活動するアメリカ人のアーティストです。2017年の"I like me better"という曲の大ヒットで世に知られるようになりました。エレクトロニックな曲調が特徴です。(AppleMusicより翻訳)
彼のすごいところは、ハズレの曲が一曲もないところです。全部の曲が最高です!そして独特のエレクトロニックな曲調と引き込まれる歌声で、ついついリピートしてしまう曲ばかりです。いくつか曲を抜粋しましたが、全て良いので、ぜひ全て聞いてみてください。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

2.Anne-Marie

イギリス出身のアーティストです。数多くのシングルで全英シングルチャート入りを果たしています。(Wikipediaより)
日本でも結構知ってる人が多いとは思いますが、知らない人もいると思うので載せました。私は彼女の英語のアクセントが好きです笑 そんなアクセントが聞ける動画がこちら。エセックス出身なのでその地方のアクセントかと思われます。

www.youtube.com

曲に関してのおすすめはこちらです!

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

Lauvは頻繁にF**kを使いますが、ついにタイトルにまで使って、Anne-Marieとコラボしました。

3.Loote

ニューヨークをベースに活躍する男女1組のアメリカ人アーティストです。(AppleMusicより翻訳)最近のお気に入りでダントツ一位です。ルックス、歌声だけでなく、曲、そして歌詞までおしゃれという最強の2人組です。とにかく聞いてみてください。

www.youtube.com

David Guettaとのコラボです。この曲で知りました。 

www.youtube.com

www.youtube.com

4.The Script

アイルランド出身の3人組のアーティストです。2008年にデビュー。(Wikipediaより)10年以上前にデビューして多くの曲を発表してきたのですでに知っている方も多くいるかと思いますが、私は最近知りました。特に最近のアルバムでいい曲がいっぱいあったので載せておきます。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

ぜひ、勉強の片手間にも聞いてみてください。洋楽の面白いところは、一度メロディーでハマり、次に英語の歌詞で二度ハマることです。英語がわかると洋楽の充実度が格段に上がります。

Dag!

#106 COVID-19の影響で海外旅行をキャンセルして感じたこと

Dag!

ニュースを見るとCOVID-19流行の話ばかりで、日に日に先が怪しくなってきています。さて、2月3月は大学生にとっては春休みであり、旅行、とりわけ海外旅行に行く方も多いかと思います。私もその一人でしたが、さすがに日本国内でも流行してきており、やむなくキャンセルをしました。返金不可の航空券代8万円が消えたわけですが、今回のこの出来事で改めて気づいたことがあったので共有します。

LCCは返金不可!

当たり前ですが、LCCは安い反面様々な制約があります。航空券の変更やキャンセルが効かないのもその一つです。ですので、今回のような先が見えない状況のときはなるべく返金ができる航空券を買うのをおすすめします。(自戒をこめて)ホテルに関しても同じです。ただ、私がよく使うブッキング・ドットコムは、多くの宿泊施設がキャンセル無料なので、今回は被害を最小に抑える事ができました。

www.booking.com

 

泣く泣くキャンセル

今回の旅程は3月中旬から2週間かけて東南アジア4カ国を周遊する予定でした。3月中旬ならもうさすがに収まってるだろうというのと、東南アジアは暑いしウイルス生きられないっしょ、という軽すぎる理由(※根拠もありません)で東南アジア旅行を計画したのですが、事態は悪化する一方で、ついには国内でも流行してきています。
そもそも海外でウイルス感染者がでたのは、発生地からの旅行者などが主な原因でした。今度は、日本から海外に行ったことで海外でウイルスを広めてしまうのは絶対防ぎたかったので、海外で広めてしまう原因になりかねない海外旅行をキャンセルすることにしました。感染力がかなり高そうなので自分も知らぬ間にかかっている可能性は意外に高そうです。

旅行できることに感謝

今回の出来事で私が改めて思い知らされたのは、このことです。

「旅行ができるのは、様々なコンディションが良好なときのみ!旅行できることに感謝!」

コンディションというのは、旅行に行けるだけの時間とお金があるのはもちろん、旅行当日の全員の体調を始め、家族に不幸がないこと、災害が起きていないこと、そして旅行先の治安、公衆衛生が悪くないことを指します。海外旅行となると、よりハードルが高いでしょう。そういったあらゆるコンディションをすべてクリアして初めて旅行を楽しむことができるのです。ですので、旅行に行ける場合は、そのことを噛み締め、感謝しないとなあと思います。

 

ということで、旅行キャンセルの悲しみを紛らわせるために本記事を書きました。また落ち着いたらゆっくりと東南アジアに訪れたいと思います。

Dag!

#105 最強の時差ボケ解消法!【個人差あり&体力に自信のある人向け】

Dag!

かなり長いこと更新が途絶えていました。確実にモチベーションが0です笑

さて、今回は、海外旅行のときに何かと懸念事項になってくる時差ボケについてです!

海外旅行のときに気になる時差ボケ

国内旅行では、日本は国土が広くないので時差ボケの心配はありませんが、遠い海外に行く場合は、時差ボケが発生することが多いです。それは、日本との時差が原因です。時差ボケのせいで海外旅行先で日中に眠くなってしまったり、思ったように動けなかったり、逆に夜中に目が冴えてしまうといったことがあります。できることならこういった影響は避けたいものです。

f:id:netherlandstudyabroad:20200216174940j:plain

時差ボケ解消法

さて、ではどのように時差ボケを解消すれば良いのでしょうか?まず一つには、旅行の前日くらいから、現地時間に合わせて生活リズムを整えるという方法があります。「時差ボケ 解消」と検索するとだいたいこの方法がヒットするかと思います。もちろんこの方法も効果的だとは思いますが、私は何度試してもこの方法は効果的ではありませんでした。というのも、現地時間に合わせるのに時間がかかるし、なんと言っても飛行機で寝ることができない体質なのです!

そこで私が編み出した最強の時差ボケ解消法がこちらになります。以下で説明していきますが、主にこの方法は体力に自信があって、寝ればすぐ疲れがとれるような比較的若い人向けです。また、この方法にはもちろん個人差があり、その辺の責任は負いませんので、各自の責任で試してみてください!

私なりに最強だと思うこの方法は、

飛行機で寝ないで、現地に着いてから現地の夜の時間に寝る!

という方法です。肝になってくるのは、とにかく体を疲れさせ、現地の就寝時間にぐっすり眠って超回復です。翌朝には現地の生活リズムに馴染んだ元気な状態で起きることができるはずです。では簡単に例を見ていきましょう。

例 日本からロンドン

日本とロンドンの時差は通常9時間です。以下の12時間45分のフライトで飛ぶ場合を考えます。

3月3日11時30分(日本時間) 羽田空港

3月3日15時15分(イギリス時間) ロンドン着

この旅程の場合は、ロンドン着時の日本時間が3月4日夜中0時15分であり、到着後すぐに寝たくなりますが、そこを我慢して軽く観光して、ロンドンの現地時間の例えば22時くらい(日本時間朝7時)まで起きて体を疲れさせてから就寝します。そうすることで、体は疲れている&眠いのでぐっすり眠ることができ、さらに現地の生活リズムに合わせて翌朝起きることができます。翌日以降は現地の生活リズムで普通に生活するだけです。

日本帰国時は、逆に日本の現地時間に合わせて機内で寝ないようにします。日本帰国後、日本での通常の就寝時間まで起き、いつもの寝る時間になったら寝ます。これで時差ボケは解消できます!(おそらく)

注意点

私はこの方法で今まで時差ボケになったことはありません。それくらい私の中では確立された方法なのですが、もちろん注意点もあります。当たり前ですが、体力が削られます。いつもより眠れていない状況で、海外という異国の地で生活をすると、もちろん危険を伴うので、海外初心者の方は特に注意です。疲れたら休みましょう。

 

私のように飛行機内で上手に眠れない人や、現地時間に合わせて機内で睡眠を取る方法で時差ボケが解消されない人などは、ぜひ一度試してみてください。現地時間に合わせようと下手に中途半端な睡眠を取ると、逆にリズムが狂って時差ボケが発生したり、疲れたりすることがあります。だったら、いっそのこと寝ないで、現地の就寝時間まで起きていて、その後にぐっすりと眠ろう!というのがこの方法です。時差ボケを解消して楽しい海外旅行にしたいものです!

Dag!

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ